読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化学系の転職など。イロハ

どーなってんだ化学系、こんなはずじゃ…と思ったら見て

就職が決まらない?私もだ。

目が覚めるまで約11分

 

この記事をご覧になった方は

 

「日本の就活はおかしい狂いそうだ」

 

と考えてるんじゃなかろうか。

 

「狂いそうだ」のフレーズは、

とある就活サービスの受け売り文句。

 

「就職 決まらない」

「就職 きつい」

 

と検索すればどこかに出てくるワードです(2016/11/6時点)。

 

目次

 

就職って何なの

 

就職ってなんだろね。

新卒カードってさ、

マリオでいう

 

スーパースター的なモノよね。

f:id:chemist7bachelor:20161113165248j:plain

 

使いどころ間違えると

なんも意味が無いっていう。

うっかり取り損ねて

穴に落としちゃうとかね。

 

それで、新卒(ヴァナタ?) 

の方は、皆頑張っていると思うのです。

 

「そうそう、なんでダメなん」

 

って声がした気がするよ。

 

こっちが聞きたいわ。

いや、ごめんなさい。 

 

それでね、皆自分を磨こうと

 

「受かる!面接フレーズ20選!」

「身だしなみの鉄則!これだけは守ろう!」

エントリーシートの書き方赤本」

 

みたいな書籍を読みあさったりするよね。

 

パラパラと。

 

私はもちろん読みました。

 

パラパラと。

 

でもそれって万人に通用するのかって。

そう思いません?

正解など無いのに本・記事では

 

「面接官はここをみている」

「採用担当と仲良くすべき」

「セミナーで質問攻めして目立つことでアピール」

 

などなど。

見た所でなんも変わらない。

 

あったりまえだろー。

 

今まで生きてきた経験なんて、

同じ就活生であろうと

化学系であろうと

全く違うと思うの。

 

人によって行動した方が良い場合と

意味が無い場合がある。

ちょっとぐらいスーツに

フケ・にゃんこの毛玉があっても良いじゃない。

その人はちゃんとお風呂入っているさ。

 

「御社の企業理念がですね…

私の~と一致しておりまして…

御社を志望致しました。」

 

はわぁ!

緊張感がヒシヒシと

伝わってくるわ!

 

これで受かるか落ちるか分かります?

 

俺ってば、わっかんねぇってばよ 

 

仮に面接で落ちたとしましょう。

上記のようなフケ志望理由が

原因と言い切れないですよね?

 

というか、客観的に見て

理由はそれじゃねえだろと。

 

それな。

 

もういい加減に言いたい事言えって?

 

お…おう。

 

客観的にみた自分の性格を知る

 

しかねえと思うんだ。

 

「なんでえ、わかっとるわ!」

 

という方は意外と

この記事見てないんじゃないかな。

 

その方法がわからない人とか、

へー(はなほじ)

 

っていう人が多いと信じてる。

 

私はエスパーじゃないし、

DAIGOでもねぇですが。

 

ちょっとね、

私の観点でお役に立てれば。

 

要は客観的な自分の性格が分かれば、

やるべき事や、

言うべき事が

見えてくる。

 

客観的っていうと、すぐ

 

・性格診断!あなたにピッタリの職種はなに?

 

・家族・友人からみたあなたの性格を

シートに記入してもらいましょう!

 

みたいな、テンション高めの

やつが湧いてくるよね。

 

なんか違和感ないすか。

 

たぶん、特殊なイベントとして

自分の性格を知るのはおかしい

と心の奥底で叫んでるんと違う?

 

違うの?(椅子ガタッ)

 

それを否定したらもう

どうやって客観的な自分を知るのさ?

 

っておっしゃると思うのでね。

私はね、自分の性格を知るのは

自ら何かのアクションをしているときだと

思うんよ。

人に聞くのではなく。

 

例えばね、

 

「うっわ、モンハンで神おま取ったわ!」

「運転しているときって無になれる」

「英語で道案内したら、

ありがとうって言われた!」

「予備校疲れた。頭使いたくない。」

「ふへへ、加熱してたら

なんか黄色い物体出てきた」

 

モンハンやったことありませんけど。

ちなみに、頭使いたくないって言った友人は

自衛隊の道へ進まれました。

ふへへ、とは言って無かったかもしれません。

 

こんな感じで、何かしてる時に

楽しいとか、逆にやりたくないとかで

素の自分が分かると思うん

 

「その何かをやるまで待つのか?

 結局おめーの記事、なんも得しねえ。」

gazoreply.jp

 

とか聞こえそうです。

待って待って。

じゃ、勝手にですが、

私の主観であなたを

診てみますよ。

 

かがくしのザックリ性格診断。

 

企業の選考で、

グループワークの時を

イメージしてみて下さい。

グループワークの経験がなければ

ゼミでも良いでしょう。

 

☆積極的な方

そこまで質問やアピールすることに

ためらいが無いと思います。

このような方こそ

 

「面接官はここをみている」

 

で書かれているような事を実践すると

就活で上手くいくと思うんだ。

(…大多数が積極的ではないと思うのは私だけか。)

 

☆じっと静かに話を伺い、論点のズレを修正する方

例えば

少子高齢化を食い止めるにはどうすれば良いか」

のディスカッションにおいて、

周りが

 

「大人が変わればよい」

「制度を変える」

「政治を変える」

SNSで」

 

といった具合に

意見を出しているとき、

自分の出番が回ってくると、

 

「まずは現状がどうなのか知るべきで、現状は~だよ。

 これに対してどう対処するべきか」

「現状は他にも~という点があるし、

 そもそも政治が介入するには~が必要で、

 現実にするには厳しいと思う。ニュースで見たんだけど~」

「だから、一番の課題は~だと思う」

 

一同賛成。

 

「じゃあやるべきことは~ですかね」

 

と他人に言わせ、The end。

どんな話題でもしっかりと現状認識をしており、

それに対し適切な案・課題を見つけては皆に示し、

議論のズレがあれば、

 

「それはテーマの核心から外れているよ。

 本当にメディアが必要なら~でしょ。」

 とすぐに軌道修正。

 

俗にいう天才タイプ。

私の周りにいたこのタイプの人は

5社の大企業から内定を勝ち取っておる。

(なんとなく違和感を覚えた方、正解かも。

実はこの人、陰で他人の悪口をシャアシャアと言う)

こういう人は理系じゃね。

と思うかもしれないが、

意外とこのようなタイプは理系でも

天然記念物だったり。

 

☆人の話をよく聞いている方

自分も意見を発しますが、

基本は聞く姿勢。

相手の意見を聞くたびに相槌を打ったり、

その意見の良い所を拾ったりする。

 

「そっか!子供からみた意見も大事だよね」

「深い所まで考えていますね、その発想はなかった」

「私の主観ですが、まとめると~ってことですか?」

「組み合わせるという発想なんですね、

 そうすると、このようなこともできますもんね」

 

恐らくリーダーに向いている人。

気付いたらリーダーの役割をしている人。

 

相手の意見から何かを生み出すことが上手い人は

大多数から好まれます。

きっと良い人でしょう。

でも意外と自分のことを説明するのは苦手なため、

面接で上手くいかないことが多いかもしれません。

このような方が周りに居ましたが、やっぱり内定を取るのは苦労したそうです。

 

私はこのような方と友達、

もしくは恋人になりたい(笑)。

そう思わぬ?

 

おっと話題が反れました、

天才タイプに軌道修正されそうです。

 

☆話を聞いていない方

グループワークで「パンの新製品」を企画する際。

皆がコンセプトを決め、

「高齢者の方でも食べやすく」

にしようと進めていたところ。

 

「がっつりとカレー味どうですかね!皆好きじゃないですか?」

 

一同静まり返る。

 

「でもカレー美味しくないですか?」

 

もうやめて。

 

他人ですが、こんな空風を吹かす方がおったんだ。

そりゃ内定も遠ざかるよ。

少なくとも話の流れは読もう。

 

☆オレオレの方

「でも自分はこう思うんですよ」

「良いとは思いますけど、やっぱり」

 

「いや、そうなんですけど」

 

ん、どっちだ。

 

否定から始まり、

結局自分の主張が通らないと、

他人の意見を否定する。

このタイプは自分に自信が無いことが多い。

故に、遠回しに堂々と自慢する。

 

それが採用担当には

出来る人間に見えることがある摩訶不思議

自分の意見をしっかりと持っており、

ハキハキと話すため、

割と内定は早めに取りやがる。

実際周りより少し早めに内定を取ったようだじぇ。

 

ニッポン、じぇじぇじぇ。

 

従ってこのタイプの方は

 

この記事を見ることは無いでしょう。

 

☆人の話を遠くから眺める方

グループワークで意識高い人をみると、

思考停止。

いつもタイマーの役割を申し出たいと

心が叫んでいるが、

選考落ちる予感で冷静になり、

ポスター描きもしくは書記を申し出る。

 

何回も選考に落ち続け、

いっそリーダーでもやってみるかと行動に出たら、

似合いのカタストロフィー(大惨事)。

(参考文献:♪世界が終わるまでは…

 

このような方(ほぼ私の実体験をした方)は、

自分がまるで分からない方が多いのでは。

何がしたいのか分からんの。

マジに(バイオハザードを思い出した)。

 

どうしてこうなった。

何しやがった義務教育!

 

アンタ、義務教育のなんなのさ?

 

~港のヨーコ横浜横須賀~

 

よく言われるのは、

今の日本は受動的な人間を生み出す教育をしており、

やりたいことを潰す、

もしくはやりたいことを探す暇をあたえない。

 

つまるところ、

自分のやりたいことが分からなくなる教育をしている。

そうだそうだ。

おっしゃる通り。

 

そう、責任は自分にはない。国だ。

 

うわーゆとり。あ。私か。

ちょっと待ってください。

それで終わったらただの批評家ですだ。

 

中国の教育事情はご存知?

高校時代、

中国生まれの知人から聞いた話では、

 

「日本の学校は遊べる。

中国の学校より、

本の学校にいた方が人生楽しいわ」

 

とのことです。

ええ!って思いません?

 

私は塾講師をしていたのですが、

3年前に教えていた真面目な小学生の生徒の話でも

 

「中国には帰りたくないです。

土日も宿題しかできません。

日本はゲームできるので」

 

小学生なのに

1日20ページ分の宿題が

あるとかないとか。

酷い時は

1教科で1日20ページ

とか聞いたよ。

受験期でもないのに。です。

 

どうでしょうか。

我々は何だかんだゲームを満喫しましたね。

時には親にゲームを隠されたりしながら(笑)。

 

中国の教育事情を聞いてどう感じましたか?

 

そんなの他人の話。

と思いませんかね?

そうですよ、他人です。

比べなくて良いじゃない。

 

意外と現実では都合の良い所で

自分を他人と比べてしまうんだ。

 

なんでこんな話をしたか?

「やりたいことができない」というのは、

 

心のどこかで

やりたいことが出来ている人と自分を比べている

 

っつーこと。

もう少し掘り下げて。

やりたいことが出来ている人って

そもそもいるんか。

 

「いないに等しい。」

「割と沢山いる。」

 

色んな意見があると思います。

仮にいるとして、

やりたいことを実現できる輩って

誰やねん、

出てこいや!

 

ってなると思うん。

 

ホリエモンのような起業家、

ビル・ゲイツのような世界一の大富豪、

アップルのスティーブ・ジョブズ

 

いくらなんでも

遠い存在過ぎるだろって話だ(笑)。

 

もっと身近で、

 

「近い将来車買いたいんだ」

「来週ゲーム発売日だ、うひょー」

「株式たのしい」

ミニマリスト

「人に教えるのが楽しくて」

「声優になりたい」

「You tuber」

「介護とかで人の役に立ちたい」

「車の運転が好きでさー」

「やっぱり、研究したい」

 

最後の声が、私だ。

 

他人がこのようなことを言っていたら、

多少は自分のやりたいことを

やっていると思わぬか。

 

ゲームをしたい人はプログラマー

なるしかないのか。否。

そもそもゲームが好きな奴らは、

大抵が消費者の立場で十分だと言うはずだ。

そうだろ、スネーク。

http://livedoor.blogimg.jp/gomashio11/imgs/0/5/05f2da4a.jpg

引用:今日のおかず : 2015年10月15日

 

(すんません、メタギアやったことないんすけど)

 

ゲームを仕事にするしか選択肢がないと思ったら

大間違いだ。ね?

だから、プライベートと仕事を

きっちりと分けて、

仕事は辛いけど

土日のゲームのために頑張るとか。

 

今仕事をされている方は

そのような人が多いし、

その方が精神衛生的にも良いはず。

 

仕事はめんどくさいし、辛いけど、

じんましんが出るほど嫌という訳ではない。

そんなもん。

 

つまり、やりたいことは休みの日にやれば良い。

という考え方です。

ふっつー!

とか言わないで。

みかんの皮で目つぶしするぞ。

(けっこー危険なので良い子はやめましょう)

 

以上の観点から、

やりたくはないけど、

やってもいいかなという仕事を

選択肢の一つにするのはどうでしょうか。

 

意外と出来る仕事はあるのにこれしかないと決めつけて、

 

受ける企業の業種・職種の幅を狭めてない?

 

やりたいことが出来るなら

それに越したことはない。

でも妥協も大事だよね。

 

私の場合、

化学の知識を活かした仕事がしたい

という思いがあり、

前職になったはずなんだが。

 

でも結果として良かった(過去の美化)。

社会に出ると本当に様々な価値観を得て、

仕事に対する考え方も養われ、心から

 

やっぱり研究がしたい!

 

と思うようになったよ。

ここまで行きつくには

退職してから2ヶ月程かかったがね。

まさに今その状態。

 

先ほど妥協を提案しましたな。

私は何を妥協したのかというと、

問題解決がしたいので、

品質管理でもいいだろ?と気付いたの。

 

「妥協になってねぇだろ」

 

とツッコミが聞こえた気が。

 

そうなのだ。

研究も分析も開発も品質管理も。

すべて求人が無いに等しい。

 

が、

やりたいことが分からなくなって

将来が見えなくなった時よりは

はるかに

気持ちが整理出来ているんだ。

 

今はがむしゃらに、一直線。

 

就職が決まらない?私もだ。

 

ファイトー!いっぱーつ

まとめ

就活が決まらないならば、

・客観的にみた自分の性格を知る

・受ける企業の業種・職種を見直す

・やっぱり一番は、仕事に対する価値観を養うしかないと思うの。

――――――――――――――――――――――――――

化学系の就職・転職は大変です。悩み、質問、応援など、

気軽にお問い合わせください。以下にお願い致します。

お問い合わせフォーム

――――――――――――――――――――――――――