化学系の転職など。イロハ

どーなってんだ化学系、こんなはずじゃ…と思ったら見て

掘ってはいけない化学系の闇

目が覚めるまで約7分

 

どこの分野にも存在する闇。化学系にはどんな闇があるのか。

・・・読まない方が良いかもしれません。

なんてね。ほりほりしちゃうよ。 

f:id:chemist7bachelor:20161126210511p:plain

目次

 

高校生のために一応説明。

学士:大学を卒業した人

修士:大学を卒業し、大学院を2年で卒業した人

博士:大学を卒業し、大学院を4年で卒業した人

 

化学系の闇、ポスドク問題

 

「闇ってなんだよ。のっけからふざけすぎだろ。」

 

って言われそうな気がしたよ。

ところがどっこい。どっこん水。

現在ね、超高学歴(例えば東大)の博士(ポスドク)でも

化学系は仕事が無い状況。

日本だけ?いや世界的に雇用が不足。

これをポスドク問題と言ったりしています。もしくはワーキングプア

gendai.ismedia.jp

上の記事を見ればわかります。

博士になると既成のものを改善してすぐに金になる研究ではなく、

長期的に見て今までに無かった良いものを探求する研究なので、

極端な言い方をすれば、博打をするようなもの。

いつ当たるか分からないの。

青色LEDなんて良い例でしょ。

裁判沙汰になるぐらいに金に成るものが出来たんだから。

詳しくはこちら↓

www.j-cast.com

あなたなら、そんないつ金になるのか分からないものに

何億という莫大なお金を投入しますか?

できればしたくないですよね。

特に企業は常に稼ぐ必要があるので、

危ない橋は渡らず、

基本は既成品を改善するぐらいしかしません。

その研究をしているのが主に修士の方々。

なぜ博士を雇用しないのか。

理由は博士まで行ってしまうと考え方が凝り固まってしまい、

企業には企業のやり方があるのを無視するというイメージがあるので、

博士は多くの場合で企業には好まれません。

修士で十分だということをよく耳にします。

私の経験上、民間企業の求人票でも博士は募集していません。

 

博士の生きる道

 

では、博士はどうするのか。

確かに大学教授になる道もある。

が、学生数に対する大学の数を考えて、教授の席が空いていないのは想像に難くないですよね。

結局、派遣などに甘んじて学士と同レベルの賃金で働くか、

もしくは無給で大学の研究室で働き、どこかの大学の教授の席が空くまで待つしかないような状況に。

理研に行く手もありますが、やはり求人は少ないようです。

博士向けの求人サイトについてはまた別の記事で。

 

どうですか?本物の化学の道は闇が深いということが分かってきましたか?

博士までいっても努力が報われません。運が必要です。

 

修士が安定かもしれない

 

それで、修士は民間企業に入って研究をすると言いましたが、

自分のやりたい研究が出来る人はごくごくわずか。

大抵は企業がやれと言ったものをやるしかないので、

自分の専攻が活かされずに悔しい思いをするかもしれません。

しかし個人的には、これを目指すのがベストな選択肢だと思います。

研究が出来て結構いい収入がもらえて、重労働がないのです。土日も基本出勤なし。夜勤も無し。

これだけ条件が揃っていれば十分でしょう。

それで満足いかなくて転職するのは慎重になるべきだろう。

 

もちろん転職はじめに押さえたいそこんトコロで述べた通り、

修士は学士に比べたらお金が800万ほど負けた状態で

社会人スタートを切るので、本気で研究をしたいと思えないのであれば、

研究職を諦めて学士で就職決めちゃう方が良いと私は思います。

 

もちろん、私のように学士で研究開発や分析職を目指すのは修羅の道ですから、

学士で就職するなら自分のやりたいことをはっきりとさせておきましょう。

技術営業をやりたいとか、MRをやりたいとかね。

やりたいことを探す記事はまた別の記事でやります。

 

首都圏から消える化学系

 

あと、首都圏に住んでいる人に聞きたい。

化学系の人間に会ったことありますか?

恐らくほとんどないと思う。

理由は殆どが工場のある地方に飛ばされるから。

 

これかなり重要。メディアにもなぜか報道されません。

なんで?私激おこぷんぷんよ。報道せえよ。知らなかったわ。

高校生のみんな、楽だから生物系・化学系に行こうとかはホントダメ。ゼッタイ。

行けるなら情報・機械・電気のどれかに行こうね。

 

何を隠そう、私の友人・知人の約4割は地方に飛ばされました。

地方に飛ばされたとしても学士なので全員が研究や開発職という訳ではない。

以下、その一例。

塗料を使って新製品を作る開発、自動車部品工場での製造、空調管理システムを扱う工場での製造、インテリア材の開発、塩ビ管のメンテナンスなど。

残りの6割は院に進学か、営業・公務員・機械系の技術などで働いています。

東京で分析として働いてる子が一人いるけどね。超可愛い子。

なんだよ。人生順風満帆かよ。不公平だぬ。

 

でも院に行った先輩も殆ど地方に飛ばされているので、

約2年後には私の友人の6割ぐらいは地方に行っちゃうんだろな。

研究職を本気で目指すなら地方に飛ばされる覚悟も必要だ。

実家が地方の方は逆にUターンとかで良いかもしれないね。

 

なんで地方に飛ばすのか?

企業だって馬鹿じゃない。コスト削減の機会を常に伺っている。

工場を地方に作れば土地代が浮くので、必然的に技術者は地方に飛ばされるという仕組みです。

少し脅しましたが、東京郊外にもそれなりに工場もしくは研究所があるので、

そこまで悲観する必要はないかもしれません。

ちなみに私の友人知人は新潟、茨城、静岡、三重、大阪、愛媛に飛ばされました。参考程度に。

 

化学系には派遣がある?

 

化学系の派遣も甘く見てはいけない。

派遣だから首都圏で働けると思ったら大間違いだ。

土下座しろっ大和田ぁぁぁあああ

私自身転職活動をしていて正社員型派遣というものにたどり着いた。

そう、リクナビとかマイナビとかでよく出てくるアレだ。

どこにでも求人出てくるから邪魔でしょうがない。

 

一応受けてみようと思って派遣の面接を受けたのだが、

私は

 

「チホウムリナンダー」

 

というハリポタ張りの魔法の言葉を使う。

地方勤務は無理ですという意味の魔法よ。

面接官を苦い顔させることができるの。

これがネックで私は3社の化学系の派遣会社に落ちた。

何回も聞かれた、「ホントに地方無理なんだね?」って。

「え・・えぇ、首都圏にも求人はございますが(顔引きつり笑顔)」

とかね。

「君さ、大企業がどこに工場作るかわかってる?」

もはや面接中に説教されたよ。

 

チホウムリナンダー。ステューピファイ

 

まとめ

・世界的なポスドク問題がある

・化学系では修士が一番安定していると思われる。

・基本化学系は地方に飛ばされる。

 

――――――――――――――――――――――――――

化学系の就職・転職は大変です。悩み、質問、応援など、

気軽にお問い合わせください。以下にお願い致します。

お問い合わせフォーム

――――――――――――――――――――――――――